ドラッグストアへの転職をする際の薬剤師の心がけは? | 薬剤師求人サイト・転職エージェント比較2020年最新おすすめ全国版 | ファーマチャンス

ドラッグストアへの転職をする際の薬剤師の心がけは?


薬剤師で、ドラッグストアへの転職を考える人も多いようです。給与が高いことや、様々な商品を取り扱っていること、より多くの人と接すること、などが魅力だからのようです。しかし、就職してみると、雑用ばかりやらされたり、勤務時間が長かったりして、仕事の魅力を感じられないこともあり、やはり、自分の希望に合った転職先を見つけることが大事です。

人気ドラッグストアに転職するならプロにおまかせ
効率よくあなたの希望条件に合った求人がみつかります

かんたん30秒 まずは無料で相談

薬剤師がドラッグストアに転職するのはなぜ?

ドラッグストアの場合、店舗によって仕事の量は異なりますが、やはりレジ打ち、商品の陳列、掃除、品出しなどの雑用も伴うものと考えたほうが良いでしょう。

また、ドラッグストア独自の魅力として、数多くのお客からOTCの相談に対応し、健康全般についての相談も多いことから、人と接することが好きな人ならやりがいを感じるものです。

半面、ドラッグストアはどうしても利益を重視するので、客にOTC医薬品を勧める場合でも、利益率の高い医薬品を勧めるように指導されたり、売り上げのノルマを課す場合もあります。
このため、時には薬剤師としての意向に合わない薬を勧めざるを得ないこともある、というのは知っておいた方が良いでしょう。

ドラッグストアの薬剤師のメリット、デメリットは

ドラッグストアは様々な客が来るため、時にはクレームもあることから、クレーム対応のノウハウも習得する必要があります。

ドラッグストアの場合、やはりコミュニケーション能力が大事で、これ以外にも人への指導、マネジメントなどの能力もあれば、お客の対応以外に、人員確保や売上管理、仕入発注などの管理業務まで任せてもらえるようになります。

店長までキャリアアップできれば、店舗の経営全般に携わるようになり、重要なポストまで上り詰めることも可能です。
薬剤師としてだけでなく、店の経営まで携わりたいという人なら、ドラッグストアはとてもやりがいのある職場と言えるでしょう。
実際は、ドラッグストアの勤務時間が長いかどうかは、店舗にもよります。

店舗によっては、時間に応じて薬剤師不在の表示をして営業したり、登録販売者に販売を行わせるなどして対応するところもあります。
ただ、やはり多少は残業はあるみたいです。

プライベートも充実させたいのなら、実際の勤務時間はどれくらいか、シフトはきちんと組まれるのか、休日出勤は多いのかなどをよく確かめてから応募することです。

チェーン店の場合、転勤があるのでは?と思うかもしれませんが、いきなり遠くの店舗への転勤を命じられることはまずないと考えて良いでしょう。
むしろ、自宅近くの店舗への配属など、希望を受け入れてくれるところが多いものです。

薬剤師がドラッグストアへの就職を考えたのなら

ドラッグストアは求人が多いことから、就職を考える薬剤師も多いみたいです。

ドラッグストアの場合、病院や調剤薬局と比べて給与が高く、OTC医薬品の知識も得られるのが魅力です。
半面、薬の販売以外、雑用が多く、勤務時間が長くて残業も多いのでは、と思うかもしれません。

確かに、ドラッグストアは調剤薬局と比べれば残業が多く、勤務が夜遅い時間まで続くことが多いのは事実です。
これは、各店とも売り上げノルマがあり、また、薬剤師の場合、調剤薬局と比べて扱う商品数が多いことがあります。
また、調剤施設が無いドラッグストアの場合、レジ打ちや品出し、その他雑用も多くなるようです。

逆に、その分、給与にも反映されるわけで、多少仕事がきつくても高収入を得たい、というのならドラッグストアは向いているでしょう。
また、OTC医薬品の知識以外、商品数もタスク量も多いので、こうした状況でしっかり仕事ができるようになれば、キャリアアップに繋がります。

ドラッグストアで薬剤師としてキャリアアップするためには、どのような条件で働き、どのようなスキルを身に付けていきたいか自分キャリアプランを明確にすることも大事です。