薬剤師の転職を成功させるコツ | 薬剤師求人サイト・転職エージェント比較2020年最新おすすめ全国版 | ファーマチャンス

薬剤師の転職を成功させるコツ


薬剤師の転職は、ほかの職種に比べるととても楽だと言われています。なぜなら、求人数も多く、そもそも薬剤師の資格がないと応募すら不可能な求人が多いからです。

それゆえに引く手数多で選び放題とも言われる薬剤師の転職事情ですが、転職に成功するのか、失敗するのか、というのはまた別の話。転職自体は成功したものの、職場や仕事に恵まれず離脱してしまう失敗組だって存在するのです。

どうせならハッピーな転職を実現させたいものですよね。その実現のためには、いくつかコツがあることをご存じでしょうか?

その鍵を握っているのは○○にあった……!?

この記事では、確実にハッピーな薬剤師転職を実現させるためのノウハウをこっそり伝授します。幸せな転職は自分も、患者さまも、家族もハッピーにするものなので、ぜひ参考にしてみてください。

土日休みも未経験も在宅ありの薬剤師求人もあるんです
効率よくあなたの希望条件に合った求人がみつかります

かんたん30秒 まずは無料で相談

薬剤師が転職をスムーズに成功させるコツ3つ

そもそもあなたが転職をしたい、と思う理由は何ですか? 「年収をアップさせたい」「家族との時間を大切にしたい」「今の職場が体力的に辛い」「キャリアアップをしたい」その理由は人によって異なるものでしょう。

ただ、いかなる場合においてもゴールは「今より幸せになる転職」です。それを実現させるためには、いくつかのコツを把握しておくことが重要です。下記に詳しくご説明します。

転職条件の優先順位をつける

薬剤師の転職に限らず、人が転職を検討する際には何かしらの現状への不満、そして将来の展望があるはずです。現状にすべて満足していたら、転職する気はなかなか起こらないはずです。とは言っても、すべての不満を解決してくれる職場、幸せな将来を約束してくれる職場なんて転職して見つかるわけではありません。

このコラムでは何度も繰り返しお伝えしていますが、100%満足できる職場なんて世の中に存在しません。妥協できる点は妥協して、80%満足できる職場であれば御の字、50%でもまだ良い方です。安定的な需要があると言われている薬剤師業界においても、薬剤師ラッシュで転職が困難になることも増えてきました。

そんな時にまず何をするべきか。それは、転職を希望する条件に優先順位をつけることです。

年収? 残業のアリナシ? 福利厚生? キャリアアップ? 人間関係? 仕事内容? 優先順位をハッキリさせれば、自ずと自分に合った職場が見えてきます。優先順位の低い条件であれば、潔く切り捨てることも転職には重要です。

コミュニケーションスキルを磨く

薬剤師転職時には、書類選考がほぼなくいきなり面接、ということもあります。これはなぜでしょう。経歴やスキルはもちろん重要ですが、採用担当者が何よりも重要視するのが、あなたのコミュニケーション力だからです。

と言うのも、薬剤師は接客業であり、サービス業でもあります。面接時にそのスキルがあるかどうかを採用担当者は判断するのです。採用担当者はこれまでのキャリアよりも、コミュニケーション力を見ている、ということを肝に命じて面接に挑みましょう。ただし、施設によってはさほどコミュニケーション力を必要としないこともあるので、コミュ障の方ならそちらに焦点を絞って転職活動を行うこともオススメです。

やる気アピールは何よりも重要!

これまでのキャリアに自信がない方であっても、やる気アピールを積極的にすることによって転職を成功させた薬剤師は数知れません。

そもそもやる気アピールとはどんなアクションなのでしょう。そこから説明します。

学びたいという態度

まずは、学びたいという態度です。自ら進んで薬剤師の勉強会などに参加していることをアピールできたら、それは十分立派なやる気アピールです。採用担当者がもっとも恐れているのは、再度転職してしまうのではないか、ということです。

ここの職場でずっと働きたい! そんな印象を持たれるためにも、やる気を強くアピールすることは有効です。薬剤師は地域密着型であることも多く、接客業でもあるので「人柄」に患者さまがつくことも日常茶飯事です。そのため、第一関門として採用担当者にやる気をアピールすることはとても重要になります。

将来性を見据えた受け答え

ふたつめには、将来性です。自分が今後どんな薬剤師になりたいのか。どんなキャリアプランを考えているのか。入社したらどんな面で貢献できるのか。将来を見据えた上で質疑応答に答える用意をしておきましょう。

【回答例】

  • 「自分はこんな風に患者さまに貢献したい」
  • 「のちのちは○○の分野でも活躍して、地域に貢献できる薬剤師になりたい」
  • 「会社の規模を拡大するために○○という業務に携わりたい」
  • 「家族が増えたので経済的にもゆとりが欲しい」

など

ありきたりなことでも構いませんが、それではインパクトは不十分です。企業のホームページなどを参照し、求められる理想の返事を予め用意しておきましょう。ただし、それがありきたりなものではNGです。あくまでも自分の言葉で答えることができるようにしてください。

自ら起業する場合にはまた違った視点にはなりますが、雇われる立場であるのなら、自分が何をできるのか、やりたいのか、どんな貢献をできるのか、積極的にアピールするようにしましょう。

長く続けるには環境が大事!よりよい求人を選ぼう

始めに伝えますが、薬剤師の職場というものは結構過酷です。職場によっては土日出勤も残業もありますし、残業代が支給されなかったり、社会保険がなかったりなど、所謂ブラックな職場だって存在します。そこで重要なのが、ブラックかホワイトなのかの見極めです。

求人情報だけでは、ブラックかホワイトなのかはなかなか察することができないものです。なぜなら、求人情報には基本的に「良いこと」しか書かれていません。実際に働いてみて、「あれ、ちょっと話が違う」と転職する薬剤師も多く存在します。

では、間違いのない、より良い求人を探すためには? そしてそこで働くためには?

いくつか有効な方法はあります。インターネットの口コミサイトでもある程度の環境をリサーチすることができますし、転職を検討している施設に実際に足を運んで視察することも有効です。ただ、それだけではあくまでも「自分主観」でしかありません。

確実に賢い転職を実現させるためには、客観性も大事です。そして客観的に転職の成否をジャッジしてくれるのが転職エージェントの存在です。いくつもの転職事例を見てきた転職エージェントであれば必ず的確なアドバイスをしてくれますよ。

年代があがるほど転職成功の難易度があがる?

比較的転職には困ることが少ない薬剤師職ですが、年齢には勝てないというのも事実です。働く施設にもよりけりとは言え、病院や製薬企業への転職は若ければ若いほど有利。

一般的に経験やスキルがある40代であっても転職が難しくなり、50代や60代では転職できる可能性がほぼなくなります(可能性があるとしても、マネジメント職としての採用がメインとなります)。だからこそ、転職する必要のない職場で働くことが重要なのですね。

それでも、転職を諦める必要はありません。薬剤師のあなたを必要とする職場はどこかには存在します。それをサポートしてくれるのが転職エージェントなのです。転職エージェントのスタッフは概して年齢が若いため、自分よりも若い子に相談をするのも……信用できるのか? と躊躇する方もいるかもしれません。

ただし、あなたが薬剤師のプロである一方、エージェントは転職のプロです。餅は餅屋とはよく言ったもので、頼ってみることで賢い転職への一歩を踏み出せますよ。

ハッピーな薬剤師転職の鍵を握るのは、ずばり転職エージェント!

この記事を読んでいる薬剤師の方は、いずれにせよ転職を検討しているはずですよね。その中には転職回数がネックだったり、年齢がネックだったり、経験不足がネックだったり、さまざまな事情があると思います。

だけど繰り返しになりますが、薬剤師の転職はさほど難しいものではありません。とは言え、譲れない条件を頭の中で整理するなど事前準備は必要です。事前準備を整えたら、ぜひ転職エージェントに相談してみてください。その際には、薬剤師専門の転職エージェントがオススメです。

転職は年齢が上がる度に難しくなるものなので、善は急げ。まずはエージェントに登録することから賢い転職活動をスタートさせてみませんか?