【お悩み】男性薬剤師の就職・転職について。どんな風に働いているのでしょうか? | 薬剤師求人サイト・転職エージェント比較2020年最新おすすめ全国版 | ファーマチャンス

【お悩み】男性薬剤師の就職・転職について。どんな風に働いているのでしょうか?


薬剤師なのに接客が苦手?将来への不安がある?給料が少ない?
薬剤師ならではの悩みや不安はすっきり解消できます

かんたん30秒 まずは無料で相談

お悩み

薬剤師の男性です。現在、薬剤師として働いていないのですが、いずれ転職をしようと考えています。そこで気になったのが、病院や調剤薬局での調剤業務をしている男性の薬剤師が圧倒的に少ないと感じたことです。もともと女性の比率が多いのが薬剤師の特徴ではありますが、それにしても男性が少なすぎる気がします。薬学部では男性も少なからず勉強していました。男性はどのような形で働いているのでしょうか。また、調剤に従事する男性が少ないと言うことは、調剤の仕事に魅力がないということでしょうか。

回答

就職先に関しては、製薬会社が中心かと考えられますが、最近はドラッグストアや調剤薬局でも男性薬剤師は増えているのではないでしょうか。現在、薬剤師のニーズは増えてきています。その理由の一つは、未病の段階で薬と向き合うことが増えているからです。医師だけでなく、薬剤師や栄養士などが国民の健康を支える役割を求められるようになってくると考得られます。そう考えると、薬剤師という仕事の幅も広がると考えられます。医師不足の解消にも役立つと言うことです。また、薬剤師としての知識を生かす仕事は調剤というイメージが大きいかもしれませんが、そればかりではありません。研究所やバイオベンチャー企業でも薬剤師の知識を生かすことが出来ます。毎日薬を取り扱うと言うわけではないかもしれませんが、薬の知識を必要としていると言う点では共通しているのではないでしょうか。薬剤師としてどのような仕事をしていきたいのか、勤務する環境や給与面など、条件はいろいろとあるかもしれません。いずれ転職を考えていると言うことであれば、就職支援を利用してみることをオススメします。異業種からの転職をする場合でも様々なサポートを受けることが出来ますし、薬剤師の知識を生かせる様々な求人を紹介してもらうことも出来ます。求人票だけでは見えない情報を知ることが出来るという点でも、役立つことが多いかと思います