薬剤師転職のポイント | 薬剤師求人サイト・転職エージェント比較2020年最新おすすめ全国版 | ファーマチャンス

薬剤師転職のポイント

病院で勤務する薬剤師の役割と、その将来性は
病院の薬剤師の役割は 病院の薬剤師の業務は、調剤業務のほか、製剤業務、注射調剤業務、注射薬混合調製業務、さらに外来化学療法室、他にもいろいろとあり、実に様々です。 調剤業務は、医師の処方せんに基づき、院内の患者の薬を調剤する入院調剤と、外来患者向けの薬を調剤する外来調剤と、があります。 製剤業務は、薬物治療で、通…続きを読む

製薬会社の今後と、勤務する薬剤師の将来性は
製薬会社に勤務する薬剤師の今後は 薬剤師にとって製薬会社は、薬局、ドラッグストア、病院と比べても経営は安定していますし、他業種と比べても景気に左右されにくいものです。 日系企業の場合、大幅な収入アップは見込めませんが、安定した収入を得られます。 外資系企業だと、業績に応じて収入アップの可能性があり、MRなど、成果に…続きを読む

薬剤師が薬局に就職する際のポイントと注意点は
薬剤師が薬局に就職を考えたのなら 調剤薬局での薬剤師は、調剤業務、服薬指導、薬歴管理が主な仕事となります。 この中でもメインとなるのは調剤業務で、通常は一日に40~60枚くらいのところが多いようですが、忙しい薬局だと一人で1日100枚もの処方箋を処理するようなところもあるみたいです。 また、処方箋数が少なくても、複…続きを読む

薬剤師の、病院への就職の際のポイントや注意点は
病院への就職を考える薬剤師にとって大切なのは 薬剤師にとって、病院は最先端の医療現場なので、就職を希望する人も多いようです。 ただ、医薬分業が進み、病院も経営の合理化を進めていることから、病院の薬剤師は欠員ができた時のみ募集するところが多いみたいです。 また、病院の薬剤師は高度なスキルが求められるので、修士課程修了…続きを読む

製薬会社に就職を希望する薬剤師が知っておくべきことは
薬剤師の、製薬会社に就職する道は 製薬会社への就職を希望する薬剤師も多く、薬剤師の資格を持つ人のうち約15%が製薬会社で仕事していると言われています。 製薬会社と言っても、薬の研究・開発から、治験、卸売りなど、会社によって業務内容は様々で、薬剤師の業務も会社ごとに異なります。 製薬会社の薬剤師の仕事で花形とも言え…続きを読む

薬剤師の、薬局への転職を考えた際のポイントは?
薬剤師が薬局へ転職を考えたのなら? 薬剤師が薬局への転職を考えた際、製薬会社やチェーン店に勤務した経験がある場合、たとえ調剤薬局での勤務が初めてでも、研究業務や接客など、自分の経験を活かせる職場を選ぶのが一つのポイントでしょう。 調剤薬局でも、数多くの処方があり、透析病院の処方や、他にも在宅業務やクリーンベンチでの…続きを読む

管理薬剤師を目指す人が知っておくべきことは
管理薬剤師を目指す人のために 管理薬剤師は、薬剤師でも、薬局などの店舗で、製造業の場合拠点毎に、薬事法に基づいて在任が義務付けられている責任者です。 主な業務内容は、薬事管理、品質管理、情報提供、教育研修の4つがあります。 薬事管理は、薬事法に基づいて医薬品の保管・販売が行われているか管理・チェックを行います。 …続きを読む

要指導医薬品とはどのような医薬品なのでしょうか。
要指導医薬品について 要指導医薬品は、平成25年(2013年)の薬事法の改正により規定された、販売の際に薬剤師の対面で情報提供・指導が義務付けられた医薬品のことです。 医療用医薬品から一般用医薬品に移行したばかりで、処方せんなしで使用するのにまだ安全性が評価がされていない市販薬(スイッチOTC薬)と劇薬がこれにあた…続きを読む

薬学管理料はどのようなものが評価されているのでしょうか。
薬学管理料とは 薬学管理料は、薬に対し、調剤基本料や調剤料とは別に、薬剤師による薬学的 管理、服薬指導、情報提供、在宅医療への取り組みなどを評価するものです。 調剤薬局で薬をもらう際、支払いと一緒に受け取る明細書は、主に調剤技術料、薬学管理料、薬剤料、特定保険医療材料料の4つの項目で構成されています。 点数制で1点…続きを読む

薬監証明は、どのような場合に必要となるのでしょうか。
薬監証明が必要なものは 薬監証明は、日本でまだ承認、認証されていない薬、医療機器等を輸入する際、税関を通すのに必要となる証明書です。 管轄の厚生局に申請を行い、証明を受けたうえで、販売目的ではなく個人、もしくは医師によって治療に使用されます。 医者が患者の治療を目的としたもの。 医者や研究者の研究目的のもの。 患者…続きを読む

薬剤師が薬局で勤務する場合の年収は?
薬剤師の、薬局での年収は? 薬剤師が薬局、いわゆる調剤薬局で勤務する場合、平均年収としては、厚生労働省の調査によると管理薬剤師で750万円くらい、一般薬剤師で450万円くらいとなっています。 これで見ると、管理薬剤師と一般薬剤師では、年収で結構差があることが分かります。 また、薬局の店舗の規模でも差があるみたいです…続きを読む

ドラッグストアで勤務する薬剤師の年収は?
薬剤師がドラッグストアで勤務する場合の年収は ドラッグストアで勤務する薬剤師の年収を見てみると、新卒で、大手チェーン店に勤務している人の場合、平均月収は25~35万円くらいで、賞与のほか、薬剤師手当が5万円から10万円くらい付くため、年収は350~450万円のようです。 ドラッグストアで勤務する薬剤師全体の年収とし…続きを読む
1 2 3
土日休みも未経験も在宅ありの薬剤師求人もあるんです
効率よくあなたの希望条件に合った求人がみつかります

かんたん30秒 まずは無料で相談